当社は、事業活動を通して、持続可能な開発目標(SDGs)を支援しています。
地域に密着した会社として、社会を持続可能なものにしていく取り組みをこれからも続けてまいります。

  • Powericoにおける取り組み

    STNetのデータセンターであるPowericoは、各企業さまや消費者のみなさまを繋ぐビジネス基盤の役割を担っています。また、環境への負荷を低減する取り組みや、災害対策を講じることで、快適な暮らしや豊かな社会の実現にも貢献しています。

    詳しくはこちら

  • 研究開発における取り組み

    STNetは地域社会の課題解決のための研究開発にも取り組んでいます。また、AIやIoT、LPWAといった新しい技術をお客さまへ新サービスとして提供することで持続的な社会の発展に貢献しています。

    詳しくはこちら

  • 通信サービスにおける取り組み

    四国中に張り巡らせた光ファイバーネットワークにより、高速・大容量な通信サービスを提供しています。
    法人向けサービスでは、複数の通信ルート等により災害に対する強靭性を高めるほか、お客さまの事業活動に合わせた各種通信回線をご提案しています。個人向けサービスでは、「ピカラ光ねっと」と「ピカラ光でんわ」を提供するとともに、お客さまに寄り添った細やかなサポートも行っています。

  • 地域社会への貢献

    STNetは、四国地域に拠点を置く情報通信会社として四国地域の情報化の進展に寄与する役割を担っていると考えています。地元企業の情報システムの構築や「お仕事ピカラ」などの中小企業向けのサービスを通して地域産業の発展に貢献してきました。当社社員は四国出身者が多く、地域の雇用創出にも貢献していると考えています。また、地域活性化を目的に、香川大学と最新ICT技術の研究交流や人材育成で連携する協定を結び、共同研究を行うことなどを通して、四国のさらなる発展を目指しています。

  • 働きやすい職場環境づくり

    私たちSTNetの事業活動の原動力は社員一人ひとりであり、社員の幸福度を高めることが大切だと考えています。このため、社員一人ひとりがいきいきと活躍できるよう、「働き方改革」に加え、その先にある“やりがい”もテーマとして「働きがいのある職場」へのステップアップを目指しています。フレックスタイム制度やテレワーク制度の導入をはじめ、女性が活躍できる雇用環境の整備など、職場環境・職場風土の改善を行っています。