トップ > セキュリティ

セキュリティ

セキュリティイメージ

出来ていますか?サイバーセキュリティ対策
組織や企業を脅かす情報セキュリティ上のリスクにはさまざまなものがあり、必要な情報セキュリティ対策も多種多様です。
日々進化する脅威に対応するためにも、企業内システム全体を多層で守ることが大切です。

概要

目的は、「金銭につながる重要情報の窃取」へ
金銭目的のサイバー犯罪の増加の背景には、マルウェアの作成・拡散行為がマーケットにおいて金銭取引され、組織犯罪としての動きが顕著になってきています。
攻撃者はインターネット上で、容易に攻撃の材料を揃えることが可能であり、サイバー犯罪のビジネス化が進むことで、攻撃手法も日々進化の一途をたどります。

対象者は、「特定の企業・組織」へ
目的が金銭に繋がる重要情報の窃取であることから、確実にその目的を達成するため、不特定多数を対象とせず、ある「特定の企業・組織」に標的が定められています。
攻撃者は、標的と定めた対象者に合ったマルウェアを作成して攻撃を行うため、攻撃・侵入に対して、気づくことが困難な状態に陥るのです。

日々、変化するサイバー攻撃に対して、完全に防御することは難しく、“侵入”を前提として、早期検知・早期発見に繋げる『多層防御』が求められています。

セキュリティイメージ内部対策出口対策現状の可視化入口対策

ページTOPへ

サービス一覧

入口対策~外部からの侵入を防ぐ~

従来の攻撃である不正アクセス、既知のウイルス攻撃など入口段階で発見可能な攻撃を防ぎます。

外部からの不正アクセスを防ぎたい

スパムメール等、有害なメールを防ぎたい

出口対策~外部への流出を防ぐ~

内部犯行による流出、有害サイトへの誘導による感染等、故意・過失による脅威を防ぎます。

情報漏えいリスクを軽減し、安全にやりとりしたい

有害サイトへのアクセスを阻止したい

内部対策~感染被害の拡大を防止~

標的型攻撃のうち、内部にまで侵入し、感染を及ぼす攻撃(内部から感染拡大する)を防ぎます。

マルウェアの感染・脆弱性を防ぎたい

紛失対策・情報漏えい防止・証拠把握をしたい

現状の可視化~既に存在するリスクを把握~

日々新たに発見される「システム」の脆弱性を狙った脅威、「人」の脆弱性を狙った脅威を防ぎます。

標的型メール攻撃への対応力を高めたい

公開サーバー・FWなどの脆弱性が心配

ページTOPへ



お問い合わせ