電話リレーサービスについて

電話リレーサービスとは何か

「電話リレーサービス」は、聴覚や発話に困難がある方ときこえる方を、通訳オペレータが手話・文字と音声とを通訳することにより、24時間365日、電話で双方向につなぐサービスです。

電話リレーサービスの利用について(一般財団法人 日本財団電話リレーサービス)
URL:https://nftrs.or.jp/

電話リレーサービス制度について

「聴覚障害者等による電話の利用の円滑化に関する法律(令和2年法律第53号)」が制定(同年12月1日施行)され、公共インフラとしての電話リレーサービスが制度化されました。
制度では、総務大臣が指定した「電話リレーサービス提供機関」に対し、業務要する費用に充てるための交付金を交付することとしており、その原資となる負担金は、特定電話提供事業者(電話事業者であって、その事業の規模が総務省で定める基準を超える事業者)がサービス提供に用いている電話番号の使用数に応じて納付することを義務付けています。
この負担金は、多くの電話会社では、「電話リレーサービス料」という形で、電話の利用者の皆さまに負担いただくことになります。

電話リレーサービスの制度について(総務省)
URL:https://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/telephonerelay/index.html

電話リレーサービス料について

弊社は、「電話リレーサービス制度」の開始に伴い、弊社の電話サービスなどをご契約いただいているお客さまに、当面、電話リレーサービス料のご負担を求めないことといたしました。
なお、今後、本制度や弊社の情勢変化により、お客さまへご負担をお願いする場合がございますので、予めご了承ください。

電話リレーサービスの負担金について(電話リレーサービス支援機関)
URL:https://www.tca.or.jp/telephonerelay_service_support/