トップ > SI(情報システム開発) > EPRソリューション導入支援サービス >Oracle E-Business Suite短期導入ソリューション「STNS」

Oracle E-Business Suite短期導入ソリューション「STNS」

概要

Oracle E-Business Suiteとは、DBシェアNo.1のOracle DataBaseを核に統合された、真の意味でのERPパッケージです。
弊社は、効率的且つ短期間で導入するためのソリューションテンプレート「STNS(STNet Solutions)」を用いて、導入コンサルティング、追加開発、運用・保守などトータルでお客さまを支援いたします 。

ページTOPへ

特長

Oracle E-Business Suiteを基盤パッケージとして「信頼性」「柔軟性」「将来性」を実現

“Oracle E-Business Suite”は、数あるERPパッケージの中でも、豊富な導入実績による「信頼性」、他システムとの連携や組み合わせによる「柔軟性」、Oracle Solutionとの融合による「将来性」に優れた唯一のソリューションです。

STNSテンプレートによる短期・低コスト導入を実現

STNSテンプレートを活用することにより、ERP導入時にほとんどのお客さまで重複して発生する作業を排除し、短期間・低コスト・高品質を実現できます。また、テンプレートはお客さま要件に合わせ、変更・修正・追加などのカスタマイズが可能です。

STNSテンプレート活用の導入ケース

業種特化型のためアドオンなどの追加開発の抑制を実現

STNSは、ITサービス業や建設・エンジニアリング業など、プロジェクト型業務が中心となる業種への導入ノウハウを元に作られたテンプレートです。これらの業種への業務適合性が高いため、追加開発の抑制と短期導入の実現を図ります。

Oracle E-Business Suiteパートナー

当社は、Oracle E-Business Suiteパートナーとして、Oracle E-Business Suite短期導入ソリューション「Oracle Accelerate」認定テンプレートSTNSを活用し、ERPの導入を中心に、お客さまのIT戦略を全面的にバックアップします。

Oracleロゴ Oracle E-Business Suiteロゴ

Oracleは、米国オラクル・コーポレーション及びその子会社、関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。

 

ページTOPへ

サービス内容

STNS(STNet Solutions)は、受注/購買・プロジェクト原価管理・統合会計までの一連の業務プロセスを、高品質なOracle E-Business Suiteで実装します。
各拠点、各業務で個々に管理している情報を一元管理することにより、経営の意思決定に必要な情報を有効活用し、環境変化への迅速な対応を実現します。
また、お客さまのご予算やビジネス拡張に応じて、段階的なシステム導入も可能ですので、最適なIT投資をご判断いただけます。

■STNSのモジュール関連図

STNSのモジュール関連図

販売購買在庫管理パッケージ
STNS−SCM
受注管理モジュールでは、見積から受注、売上までの一連の情報を管理します。
受注に関連する購買発注や在庫照会など、サプライチェーン全体での最適化を実現します。
プロジェクト管理パッケージ
STNS−PA
プロジェクトの予算/原価/収益など、プロジェクト情報を一元的に管理し、プロジェクトの組織横断的な予実算管理・原価管理を行うことにより、戦略的なプロジェクトマネジメントを実現します。
統合会計パッケージ
STNS-FIN
管理会計と財務会計の統合により、経営情報の可視化を実現します。
管理したい任意の切り口での経営情報分析や決算処理の迅速化など、強い企業の基盤作りを強力にサポートします。

ページTOPへ

利用例

データセンターサービスと組み合わせることで、「構築・導入〜運用・保守」までのサービスをワンストップで提供します。

管理会計(BI)ツールとの組み合わせにより、蓄積された情報をあらゆる角度から分析し、経営判断の材料として、より高度なご活用が可能です。

STNSの事例紹介 

ページTOPへ

ページTOPへ