トップ > SI(情報システム開発) >情報システム開発サービス >金融業向け開発事例

金融業向け開発事例

概要

渉外活動の記録(日報・案件管理)を、紙ベースでおこなっておられたA行様。
「渉外支援システム」の導入によって、日々の渉外(営業)活動に関する各種情報(活動記録、案件情報、獲得成果など)の蓄積・共有を実現し、渉外活動のより一層の高度化、および効率化を実現した。

ページTOPへ

導入効果

導入前の課題
導入後の効果
日々の顧客訪問内容や過去の商談実績が全て紙ベースであり、渉外担当者間の情報共有が図れず、取引経緯も把握しづらかった。
矢印 システム化することで情報の一元管理がなされ、他の渉外担当者のノウハウが共有でき、営業スキルの向上が図れた。また、お客さま毎の取引状況や商談履歴がリアルタイムに把握できるようになった。
支店長などの上席者や本部統括部門からが、渉外活動の状況を報告資料で閲覧。タイムリーな「現場の声」を把握しづらい状況にあった。 矢印 上席者は部下の活動状況をリアルタイムに把握し、適時アドバイスが可能となった。また、統括部門は「現場の声」を一元的に把握できるため、適宜顧客ニーズにあった営業戦略や商品開発が可能となった。
報告資料の作成等、渉外活動以外の業務に時間がかかっていた。 矢印 報告資料作成の作業が無くなり、コアコンピタンス活動に専念できるようになった。
「行かなければいけないお客さまに、行かなければならない時に訪問できているか?」が把握しづらい状況にあった。 矢印 本部統括部門で全行大の営業状況がリアルタイムに把握できることにより、的確なターゲット選定と個別指導がおこなえるようになった。

ページTOPへ

事例内容

銀行渉外支援システム

主な機能

訪問活動管理

  【活動記録管理】

  1. 日単位での訪問予定および訪問結果の登録
  2. 上長によるコメントの入力および内容承認

  【顧客リスト】

  1. 顧客のテーマ単位でのリスト管理
  2. 顧客への担当者の割り振り

  【顧客カード】

  1. 法人/個人顧客の概要および取引状況の管理
  2. 過去の取引状況や関連する顧客の取引状況の確認

案件管理

  【案件リスト】

  1. 顧客単位での案件の進捗管理
  2. 様々な切り口での案件照会

  【目標実績管理】

  1. 日単位での営業実績の登録
  2. 月・期単位での実績集計および目標達成状況の把握

ページTOPへ