トップ > SI(情報システム開発) >情報システム開発サービス >医療向け開発事例

医療向け開発事例

概要

STNetが開発した遠隔医療データ連携システムを活用した、医療機関向け地域連携サービスとして、香川県医師会が全国的にサービス展開している、かがわ遠隔医療ネットワーク(K-MIX)の事例のご紹介です。

ページTOPへ

導入効果

導入前の課題
導入後の効果
標準的な連携手法が確立しておらず、各医療機関毎の連携手法(ITもしくは紙ベース)が並行して立ち上がっていた。
矢印 医師会が設立したシステムにて、県レベルでの標準化がなされ、K−MIXを活用して実施できる医療連携(画像読影、紹介状)はK−MIXで統一化されつつある。
特定ベンダーにてシステムを構築するため、連携する際のシステム自由度が低く、利用における初期投資がかさんだ。 矢印 データセンターにシステムを集中した、ASP型医療連携システムとして、一般的なPCとインターネット回線があれば、まず参加が可能な状態に至った。
それぞれの医療機関が行っているシステム毎に連携・接続対応が必要となり、利便性が損なわれていた。 矢印 K-MIX利用が広がり、県レベルの医療連携基盤としての認知が広がるにつれて、中核病院等も自ら投資を行い、医療連携システムを構築せず、K-MIXでの連携に主眼を置くようになり、医療連携時の標準システムとしての認識が高まっている。
放射線画像読影、高度な診療相談等が必要な場合、医師派遣による業務支援または、相談医の場所へ移動した上でのカンファレンス等を行っていた。 矢印 従来は医師派遣等で対応していた業務内容が、ネットワーク連携によるアウトソースが可能となり、業務アウトソースの例が増加した。(遠隔放射線画像読影支援業務等)

ページTOPへ

事例内容

かがわ遠隔医療ネットワーク(K-MIX)

データセンターに設置した、センターシステムを介して、診療所と病院、または診療所同士、病院同士の医療連携、症例相談、紹介状の共有、画像診断支援等が可能です。
病病・病身連携の効率的な活用により、より早い診断が可能になり、患者にとって医療の質の向上につながり、また医療機関にとっては、診療の効率化や患者に対しての安心感の醸成が可能となり、全体的な医療機関の信頼性の向上に寄与できます。

ページTOPへ

主な機能

遠隔画像診断依頼/支援機能

医療施設は、自院で撮影した放射線画像等や患者の症例について相談する必要がある場合に、専門医に相談をすることができます。特に、CT、MR等の撮影画像について専門医の診断を得ることにより、診療の質が上がり治療計画の判断が行いやすくなります。

診療情報提供書連携機能

患者の症状により他の医療施設へ紹介する必要がある場合に、電子的に診療情報提供書を送信することができます。
K-MIXにて診療情報を提供する際には、画像情報等付随情報も同時に提供できるため、確実迅速に情報を伝えることが出来るため、紹介先の施設では紹介患者の来院前に事前に情報を得ることが可能で、受け入れ体制を組みやすくなります。

検査依頼/受付機能

高度医療機器(マルチスライスCT、MRI、PET等)を保有していない施設が、他の保有施設に検査撮影依頼を電子的に行うことが出来ます。
撮影後は、撮影画像とともに医師の所見情報も返信することにより、素早く情報を得ることが可能なほか、フィルム貸し出し等の管理が必要ありません。
地域間での医療機器の共同利用に利用することも可能です。

ページTOPへ

事例システムと組み合わせて利用しているサービス

インターネット接続サービス(STCNPikara)

K-MIXに接続するためのインターネット回線として、STCNまたはPikara光ネット、Pikara-ADSL等を推奨。

データセンターハウジングサービス

K-MIXのセンターサーバーの常時稼動のため、データセンターにてシステム機器のハウジング運用を行っている。

システム運用管理サービス

K-MIXシステムの一元的な運用管理、トラブル対応を行い、お客さま問い合わせ窓口を開設している。

ページTOPへ

K−MIXを基盤とした、地域連携システムの拡張事例(21年度以降)

国策に基づいたさらなる地域連携の高度化を目指し、STNetは下記のようなモデル事業に参加し、よりよい地域連携の姿を模索しております。

経済産業省「健康情報活用基盤構築のための標準化および実証事業」においては、香川県下にて、医療情報のみならず、個人の健康情報や健診情報もあわせた「医療・健康情報の統合化を目指し「eヘルスケアバンク」を立ち上げるべく、準備中です。
eヘルスケアバンクにより、これまで個人により個別に管理されていた健康に関する情報を一元的に管理可能とし、長期的な医療健康情報にもとづいた、より細やかな疾病管理、糖尿病の食事・運動療法のコントロール、個人のニーズに合わせた健康増進(ダイエット、メタボ予防等)について新たな健康サービスを提供できるようになります。

「eヘスルケアバンク」構想
※クリックするとPDFデータをご覧いただけます。

総務省「地域ICT利活用モデル事業 遠隔医療プロジェクト」では、K−MIXを基盤とし、リアルタイムな医療連携を目指すべく、Web型TV会議システムと香川大学医学部附属病院電子カルテとの連携やその他地域で稼動している他システムとの連携を推進しています。これらにより、より高度な医療機関間の症例相談が可能となり、また医療機関と患者宅の間で在宅医療等に活用することにより、きめ細かい患者サービスのツールとして利用が可能になります

遠隔医療プロジェクト
※クリックするとPDFデータをご覧いただけます。

ページTOPへ

ページTOPへ