トップ > SI(情報システム開発) >情報システム開発サービス

情報システム開発サービス

SI(情報システム開発)サービスイメージ

概要

企業・自治体様向けのシステム構築を通じて培った多数のノウハウを活用し、 コンサルティングから開発、運用・保守にいたるまで、システム構築におけるトータルサービスを、お客さまのニーズに応じてご提供いたします

ページTOPへ

サービス内容

激化する企業間競争に直面している企業にとって、最新のIT技術を駆使した情報システムの構築は不可欠です。STNetでは、お客さまとの会話を大切にしながら、ハンドメイドでのシステム構築を実現し、お客さまの幅広いニーズに的確に対応します。
パソコン、クライアント/サーバーからメインフレームまで、事務系、技術系からWeb系まで、幅広い分野のアプリケーションシステムの設計、開発を実現し、お客さまの経営効率の向上をサポートします。

システム導入事例

これまでに当社が開発してきた事例については、以下の通りです。

また、当社では、経験豊富な在郷開発SEによる品質とコストパフォーマンスに優れたシステム開発体制をご用意しております。

特徴
    『コンサルティング』から『システム運用・保守』までサブシステム単位の構築をまとめてご発注いただけます。
    (面倒な人の管理が不要です。)
システム開発作業は『STNet開発センター』(高松)でまとめて実施します。経験豊富な要員が効率的な開発を実施します。
    サーバーやネットワークなどの開発環境(サブシステム結合試験環境まで)はSTNetが準備いたします。
最大限配慮されたセキュリティ環境での開発を実現。証明書の利用や、弊社データセンター内に開発サーバーを設置するなどの専用のセキュリティ環境を確保します。
内容

情報システム開発サービス

  1. 四国に在住の経験豊富な開発SEが、効率的でコストパフォーマンスに優れたシステム開発を実施します。
  2. 開発範囲・工程毎に「リモート」、「持ち帰り」や「駐在」等の効率的な開発体制・開発形態のご提供が可能です。
  3. 開発SEは日本人のため、オフショア開発で見られる言語や文化の違いによるトラブルを抑えることができます。オフショア開発は確かに単価だけで比較すれば安価に見えます。しかし、手戻りや追加コストの発生で当初想定したコストパフォーマンスを発揮できない開発プロジェクトもあります。このような問題を解決するには、四国という「ニアショア」の活用が有効です。効率的な開発だけではなく、開発途中に発生する仕様変更を柔軟に吸収し、コストパフォーマンスに優れた開発を実現できます。
  4. 開発環境の面倒な機器の手配や設定・手続きなどもまとめて弊社にお任せいただく ことにより、省力化・効率化を図れます。(専門部門がご対応いたします。)
  5. 開発中はブリッジSEが十分なコミュニケーションのもと、的確な進捗状況をご報告します。
  6. プログラムソース等の出来上がり状況などは、VPN(暗号化された回線)経由で直接ご確認いただけます。

ページTOPへ