トップ > ユーザー環境構築サービス > SSL-VPN導入サービス

SSL-VPN導入サービス

ネットワーク環境構築イメージ

概要

SSL-VPN(※)導入サービスは、外出先からインターネット経由でお客さま社内へのリモートアクセスを可能にするサービスです。USBキーによる認証を組み合わせることで第三者からのなりすましを防ぎ、より安全なリモートアクセス環境を提供できます。
※: Secure Socket Layer Virtual Private Networkの略であり、暗号化にSSLを利用するVPN技術。

ページTOPへ

特長

インターネット接続環境があればどこからでもリモートアクセス可能

インターネットに接続し、Webブラウザでホームページが閲覧可能であれば、基本的にどこからでもSSL-VPN装置経由で社内にアクセス可能です。出張先のホテル、ホットスポット等場所を選びません。通信する内容はSSLで暗号化されているため、盗聴対策も万全です。

USBキーで本人認証

モバイルクライアント端末等において、USBキーによる本人認証を組み合わせることで、第三者からのなりすましを防止し、より安全に社内へのリモートアクセス環境を構築できます。

ページTOPへ

サービス内容

SSL-VPN導入サービス

お客さまの社内にSSL-VPN装置を導入し、インターネットからのリモートアクセス環境を実現します。
SSL-VPN装置にログインした後は、社内ネットワークと同様に社内システムへアクセスが行えます。
また、USBキーによる本人認証を組み合わせることで、第三者によるなりすましを防止し、より安全なリモートアクセス環境を実現できます。

SSL-VPNにより、どこからでもリモートアクセスが可能。

従来、IPSecなどによるVPNでは、インターネット接続できる環境であっても、ファイアウォールの設定などによってうまく 接続できないケースがありました。しかし、SSL-VPNであれば、HTTPSプロトコルを利用することで、環境による接続制限が大きく引き下げられ、インターネット接続できる環境であればリモートアクセスが可能です。

なりすましの防止

上記のとおりSSL-VPNは、インターネット接続できる環境であればどこからでも社内に接続できるという便利さがある反面、第三者がなりすましによって不正に社内へ接続できるという危険性も併せ持っています。この対策として、USBキーによるログイン認証を組み合わせることによって、USBキーをもたないユーザはSSL-VPNに接続できないようにし、第三者からのなりすましを防止します。

ページTOPへ