トップ > ユーザー環境構築サービス > 検疫ネットワーク環境構築サービス

検疫ネットワーク環境構築サービス

ネットワーク環境構築イメージ

概要

外部から持ち込まれたセキュリティ上問題のあるパソコンの接続を防ぎ、社内ネットワークの健全性を維持する「検疫ネットワーク」環境を構築するサービスです。セキュリティポリシーの策定から構築までご支援いたします。

ページTOPへ

特長

複雑なセキュリティポリシー策定からご支援いたします

お客さまのご要望をもとに、ご利用状況にあわせたセキュリティポリシーの作成よりご支援します。

さまざまの検疫方法から提案します

さまざまな検疫方法(※)の中から、お客さまにあった検疫方法をご提案いたします。
※ゲートウェイ方式 、DHCP認証方式、認証スイッチ方式、パーソナルファイアウォール方式、など。

ページTOPへ

サービス内容

セキュリティ関連のシステム導入にあたっては、いつ/どこで/どのような対象を/何の目的で/どのように対処するか、などを要件とするポリシーが、あらかじめ確立されている必要があります。当社ではこのようなポリシー策定部分よりご支援を行い、お客さまに適した検疫ネットワークの提案、設計、構築を実施いたします。

サービス提供イメージ

検疫ネットワーク環境構築サービス

STEP1: 検疫ネットワークに強制的に接続

STEP2: 検疫ポリシーサーバによりコンプライアンス検査

STEP3: パッチやパターンファイルの適用

STEP4: 検疫終了後、対策が施されたPCは業務ネットワークへ

ページTOPへ