電話のユニバーサルサービス制度に関するお知らせ

日頃は、弊社のサービスをご利用いただきましてありがとうございます。
さて、電気通信事業法に定められた加入電話、公衆電話、緊急通報(110番・118番・119番)の電話サービス (「ユニバーサルサービス」といいます) を全国どの世帯でも公平に安定して利用できるよう、必要な費用を電話会社全体で応分に負担する「ユニバーサルサービス制度」が平成19年1月より導入されております。

NTT東日本・西日本が提供しているユニバーサルサービスは、携帯電話やIP電話の普及および電話サービスの競争の進展などに伴い利用環境が向上した一方で、特に都市部以外の採算が取れない地域(高コスト地域)では、NTT東日本・西日本の負担だけではユニバーサルサービスの提供を確保することが困難となることが懸念されています。このため、総務省が、引き続き、地域の格差なく全国どの世帯でも公平で安定的にユニーサルサービスを利用できるよう、ユニバーサルサービスの提供の確保に必要な費用をNTT東日本・西日本だけでなく、それ以外の電話会社も応分に負担する仕組みとして、「ユニバーサルサービス制度」を導入したものです。

弊社サービスも本制度の対象となり、お客さまには、平成19年1月分(2月ご請求)から、総務大臣が認可する一定金額をご負担いただくことになりました。

お客さまにおかれましては、ユニバーサルサービス制度の趣旨をご理解の上、ご協力いただきますよう宜しくお願い申し上げます。

( ユニバーサルサービス制度Q&A )

1.「電話に関するユニバーサルサービス」とは、具体的にどのようなサービスですか?
「電話に関するユニバーサルサービス」は、「国民生活に不可欠であり、あまねく日本全国における提供が確保されるべき」とされているサービスです(注1)。具体的なサービスとしては、以下が対象とされています。
@ 加入電話サービスのうちの加入者回線(基本料)、特例料金が適用される離島通話及び110番・118番・119番の緊急通報
A 公衆電話サービスのうちの社会生活上の安全及び戸外での最低限の通信手段を確保する観点から設置される第一種公衆電話について、当該公衆電話から利用可能な市内通話、特例料金が適用される離島通話及び110番・118番・119番の緊急通報
(注1)電気通信事業法(昭和59年法律第86号)等において規定されています。

2. ユニバーサルサービス制度とは、どのような仕組みなのですか?
「ユニバーサルサービス制度」とは、ユニバーサルサービス提供事業者(NTT東日本・西日本)のユニバーサルサービスの提供を確保するために必要な経費を、電話会社全体で応分に負担する仕組みです。
3. なぜユニバーサルサービス制度が必要なのですか?
ユニバーサルサービスの提供の確保はNTT東日本・西日本に対し法律上の責務とされ、これまでは、NTT東日本・西日本の負担によってユニバーサルサービスが維持されてきました。しかし、携帯電話やIP電話の普及および電話サービスの都市部を中心とした競争の著しい進展などに伴い、利用環境が向上した一方で、特に都市部以外の採算がとれない地域(高コスト地域)では、NTT東日本・西日本の負担だけではユニバーサルサービスの提供を確保することが困難となることが懸念されていました。このため、引き続き、地域の格差なく全国どの世帯でも公平で安定的にユニバーサルサービスを利用できるよう、ユニバーサルサービスの提供の確保に必要な費用をNTT東日本・西日本だけでなく、それ以外の電話会社も応分に負担する仕組みとして、「ユニバーサルサービス制度」が導入されました。
4. 私たちが電話会社に支払う費用と関係があるのですか?
平成19年1月以降、弊社サービスの毎月のご利用料金と併せて、負担金をお客さまへご請求させていただきます。お客さまのご負担額は、ご利用の電話番号数に応じてご負担いただくことになります。
負担額(6ヶ月毎に更新)およびユニバーサルサービス制度の詳細については、以下のユニバーサルサービス支援機関のホームページで公表されています。
社団法人 電気通信事業者協会( http://www.tca.or.jp/universalservice/ )
ユニバーサルサービス料
(1電話番号あたり、月額)
(変更前) 平成28年12月ご利用分まで (変更後) 平成29年1月ご利用分から
3円(税込3.24円) 2円(税込2.16円)