Facility(施設)
Powericoは日本データセンター協会(JDCC)が定める評価基準「データセンターファシリティスタンダード」の最高水準「ティア4」に準拠、さらにJQA(日本品質保証機構)よりJEITA(電子技術産業協会)及びFISC(金融情報システムセンター)が定める安全対策基準に適合し、「情報セキュリティ適合証」の認定を受けたハイスペックデータセンターです。
  • 監視室

  • エントランス・受付

  • セキュリティゲート

  • サーバールーム前室

  • 生体認証装置

  • サーバールーム

  • ワーキングルーム

  • UPS室

  • 非常用自家発電設備

  • 免震ピット

  • トラックヤード・キッティングルーム

  • 仮眠室

  • カフェテリア

詳しくはこちらから

監視室
エントランス・受付
セキュリティゲート
サーバールーム前室
生体認証装置
サーバールーム
ワーキングルーム
カスケード空調
UPS室
非常用自家発電設備
免震ピット
トラックヤード・キッティングルーム
仮眠室
カフェテリア

安定した電源供給力

基幹送電網と直結する異なる変電所から本線・予備線の2系統受電により、冗長性のある電力供給ルートを確保しています。またN+2構成のUPS(無停電電源装置)、無給油でも72時間連続運転可能なN+1構成の非常用自家発電設備を備えており、耐災害性に優れた設計となっています。

安定した電源供給力

従来のデータセンターでは、電源供給力、耐荷重の問題から、ラックにIT機器をフル搭載できず、空きスペースがあるにも関わらず、複数のラックを準備する必要がありました。Powericoでは、1ラックあたりで利用できる電気容量が最大21kVAと高い電源供給力を実現しています。
高い電源供給力を実現することで、IT機器の集約が可能となるため、収容効率が向上し、コスト削減にお役立ていただけます。


TOP