トップ > クラウド > STクラウドサーバーサービス > STクラウドサーバー(FLEXタイプ) > 対応OS

STクラウドサーバー(FLEXタイプ)/対応OSについて

対応OS等について

対応OS

STクラウドサーバー「FLEXタイプ」の対応OSは以下のとおりです。

区分 OSの種類
標準提供
CentOS 6.5
対応OS
Microsoft Windows Server
(※)
Windows Server 2008 R2 Standard(64bit)
Windows Server 2008 Standard Service Pack 2(32bit,64bit)
Windows Server 2012 R2 Standard(64bit)
Windows Server 2012 Standard Service Pack(64bit)
RedHat Enterprise Linux RedHat Enterprise Linux 6
(※) Microsoft Windows Serverは、メモリ容量が1GBのサーバーでのご利用は推奨いたしません。
また、基本ディスクの容量は40GB以上必要となります。

ライセンスの提供形態

Microsoft/RedHat関連のOS等に限り当社でライセンスを準備することもできます。
提供価格については、当社までお問い合せください。

コース ライセンス 形   態
お客さまが既に保有されているライセンスを利用、またはお客さまご自身でライセンスを新規にご購入
当社でライセンスを準備し、お客さまにサービス利用料の形態でご提供 (※1)
Vコース Windows Server ×
Windows Server
RemoteDesktopService(※2)
SQL Server
RedHat Enterprise Linux ×
Pコース Windows Server
Windows Server
RemoteDesktopService(※2)
SQL Server
RedHat Enterprise Linux ×
(※1) ご利用にはマイクロソフトのソフトウェア製品の使用に関するエンドユーザーライセンス条項に同意していただく必要があります。
(※2) RemoteDesktopService(RDS)については、サブスクライバーアクセスライセンス(SAL)での提供となりますので、接続ユーザー数(総利用者数)分のライセンスが必要となります。

商標等について

・Windows、Windows Server、SQL Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・Red Hat、Red Hat Enterprise Linuxは、米国およびその他の国におけるRed Hat,Inc.の登録商標または商標です。
・Linuxは、Linus Torvalds氏の日本およびその他の国における登録商標または商標です。
・他の会社および製品の名称は、総てそれぞれの所有する商標です。

ページTOPへ


FLEXタイプ お申込みはこちら
FLEXタイプ ビジネスパートナーさま募集